お客様のビジネスを成功に導く、

プロアクティブなデータマネジメント

Customer Success
Data Management Team

金野 浩之   Manager
藤井 温子   Senior Data Architect

左:藤井 温子 / 右: 金野 浩之

顧客への価値提供を考え続けた前職時代

――トレジャーデータに入社するまでの経歴を教えてください。

金野 大学卒業後、Web制作会社に営業職として入社しました。ホームページ制作からフルスクラッチのWebシステム開発事業を展開していた会社だったのですが、入社したタイミングで自社開発したASPサービスをローンチし、私はその新規開拓営業と運用サポートを担当することになりました。2社目は職種を変えて、レコメンドエンジンやMA、プライベートDMPを手掛けているベンダーにエンジニアとして入社しました。そこでは、ツールの導入支援から運用サポートまで、幅広い業務に対応しました。

藤井 私は新卒でデジタルマーケティングやUI/UXを支援する会社に入社し、コンサルタントとしてキャリアをスタートしました。ユーザーインタビューや行動観察調査を実施して、WebサイトのUI/UXの設計や改善提案を行いました。行動観察調査では、実際にWebサイトや作成したプロトタイプをユーザーの方に使っていただき、体験として「どこにつまづきがあるか」検証して、改善を繰り返していました。

その後、社内でソフトウェアの部署に異動し、アクセス解析ツールのカスタマーサクセスを担当しました。既存顧客の方々へツールの活用法をお伝えするトレーニングをしたり、利活用の状況をヒアリングして業務提案を行ったりと、お客様と接する機会が多かった印象です。また、ツール活用状況のデータを可視化して、活用が上手くいっていないお客様や、活用の機運が高まっていそうなお客様にコンタクトするオペレーションの仕組みも構築しました。チームの立ち上げ期メンバーでしたので、CS活動自体の改善や、新メンバーの受け入れ体制の構築にも積極的に関わりました。

――なぜトレジャーデータに入社しようと思ったのでしょうか?

藤井 アクセス解析ツールのカスタマーサクセスとして日々お客様と対話する中で、あることに気づきました。それはマーケティングやCRM活動において「様々なデータを見ながら改善を回していくこと」の重要性です。

UI/UXはサービスの価値をユーザーに届けるための重要な要素ですが、それを支えるのは「データ」の存在です。データを適切に統合・処理・分析することで、適切なユーザーに、適切なタイミングで、適切なコンテンツを届けることができますし、さらなる価値を提供できるサービスが作れるのではないかと感じるようになりました。

まずは自分で、データを活用できる人材になりたい。そう考え、トレジャーデータへ転職しました。

金野 前職の経験からデータの必要性を痛感していたのですね。

藤井 はい。

金野 私の場合はトレジャーデータの「人」の部分に惹かれました。転職サイトから応募した際の面接で感じた、現在のマネージャー陣の人柄ですね。「こんな人たちと一緒に仕事がしたい!」と思い、その時に入社を決意しました。2019年11月からカスタマーサクセス(旧プロフェッショナルサービス)データマネジメントチームの一員としてジョインしました。

入社後に習得したスキルをもとに、幅広い領域でお客様を支援

――専門分野について教えてください。

金野 Treasure Data CDPを活用いただくためのデータ構造整理や設計、構築など、データマネジメントの領域を強みとしています。プライベートDMPを構築して、分析用のデータマートやMAなどに連携するセグメントデータを作成するといった前職での経験がベースになっています。

藤井 私は元々テクニカルなスキルはほとんどなく、データエンジニアリングの知識やスキルはトレジャーデータに入社してから習得しました。そのため、チーム内でもエンジニア出身の方とは、得意領域が異なっていると思います。前職でのコンサルタントやカスタマーサクセスの経験を踏まえたデジタルマーケティング全般の知識やデジタル部署のお客様の意図を汲むというスキルは、現在の業務でも役立っていますし、お客様の実現したい内容をきちんと踏まえた上で、実装までご支援できることが私の強みになるかと思います。

 

――担当している業務内容について教えてください。

金野 データマネジメントチームの中でも、フロント寄りの立ち位置で案件に携わることが多く、お客様と技術面に関するコミュニケーションを取ることが多いです。アサインされる案件にもよりますが、他のメンバーと一緒に入る場合は、技術サイドのコミュニケーション窓口や要件定義などを担当して、実装面はメンバーに対応してもらうことが多いです。
自分ひとりで担当している案件では、SQLやワークフローを組むところまで作業しています。割と幅広い業務内容になりますね。

藤井 私は主にCDPの設計から実装面でお客様に関わっています。具体的には、データ取り込みや他ツールとの連携、分析・ダッシュボード構築などです。

日々の業務では、お客様のCDP環境で実際にデータ処理のワークフローを実装したり、データマートを作成し、BIツールでダッシュボードを作成したりしています。

金野 チーム内で役割を決めて案件にあたっているため、マネージャーとしてはコミュニケーションのとり方は重視しています。コロナ禍で中々対面のコミュニケーションを取ることが難しい状況が続いていますが、チーム内でのナレッジシェアを目的としたZoom ミーティングや雑談会など、チームでコミュニケーションを取る機会を積極的に設けるようにはしていますね。

お客様のデータ活用にダイレクトに関わる

――トレジャーデータでのやりがいを教えて下さい。

金野 データマネジメントチームは、お客様のビジネスの成否に直結する「データの利活用」に携わります。扱うデータ構造もお客様によって全く異なるため、常に新鮮な気持ちで案件に携われますし、窓口もビジネス部門の方が多いため、ダイレクトにフィードバックをいただくことができます。お客様のビジネスの成功に寄与できていることを実感できるのはやりがいに繋がりますね。

藤井 金野さんと一緒で、実装を含めて、お客様のデータ活用を直接ご支援できることですね。一度にサポートできるお客様の数は多くありませんが、その分お客様のビジネスを深く理解してサポートできるのは、やりがいにつながっています。

 

――お客様と相対して、直接仕事をする上で、大切にしているポリシーなどはありますか?

金野 基本的なことではありますが「お客様の立場に立って物事を考える」ように心がけています。受け身で考えたり、自分視点のみで物事を判断したり、環境や周りの状況に対して安易に原因を求めてしまうと物事がうまく進みません。自分の立場とお客様の立場の両方から見ることを意識しています。

藤井 同感です。私が大切にしたいポリシーは、「価値に向かって取り組むこと、オープンであること」です。
「このプロジェクトの価値は何か?」「何を実現すれば成功か?」を常に考え、ゴールに向かって仕事をしたいと思っています。その過程でメンバーやお客様と意見の相違が発生することもあると思いますが、同じゴール地点を共有すれば、合意点が見いだせると信じています。

また、オープンであることも重要ですよね。「この話が共有されていれば、もっと良い結果になったのに…」という後悔はしたくないので、仕事の状況や、得た知見などはなるべくオープンに伝えるように心がけています。

お客様の成功=トレジャーデータの成功

――トレジャーデータのカルチャーについて、教えてください。

金野 一言で表すなら「オープンで自由闊達」ですね。役職に関係なく胸襟を開いて会話ができるような関係性を築けているかなと思います。業務に関してもしっかり目標にコミットしているメンバーがほとんどで、とても勉強熱心な人たちが集まっていると感じます。

藤井 入社して1年ほどですが、「顧客の成功=トレジャーデータの成功」という点は、しっかり共有されていると感じます。それと、金野さんがおっしゃるように、仕事熱心な人が特に多い印象ですね。

チームとしては自分から積極的にどんどん話すタイプの方は多くはないですが、困った時に助け合える「優しいチーム」だと思います。皆さんそれぞれの得意分野があり、勉強させていただくことが多いです。

金野 そうですね。スキルセットもバックグラウンドも違いますが、本当にどのメンバーも優秀なので、マネージャーとしては安心して仕事を任せることができます。自分とは異なる領域で突出したパフォーマンスを発揮しているメンバーばかりなので、一緒に仕事をして刺激を受けますし、楽しいですね。

 

――そんなチームで一緒に働けるのも魅力ですね。

金野 はい。優秀なメンバーたちと一緒に案件に進められるので、とても濃密な経験ができます。また、CDPというデジタルマーケティングの基盤となるサービスを提供しているので、自社製品だけではなく、業界全体のトレンドについても知見を積めると思います。

藤井 そうですね。業界としてもマーケティングテクノロジーは転換期にありますので、今日と同じ明日が繰り返されるということがほとんどありません。ある意味大変なところもあるかと思いますが、変化の大きい環境に身を置けるもの魅力のひとつだと思います。

様々なデータや要望に対応できる、多様なスキルセットが必要

――今後の目標や挑戦したいことを教えて下さい。

金野 まだまだ技術面で未熟な部分も多いので、スキルセットの幅を広げるとともに、深堀りもしたいです。それと、密かに英会話スクールに通っているので、バイリンガルで活躍できるエンジニアを目指しています。

藤井 今は自分自身の能力を上げて、支援できる幅を広げていくフェーズだと考えています。お客様が取り組みたいことは、企業によっても、時期によっても様々です。そのため、異なるデータを扱えることや様々な活用方法について、お客様に適切なアドバイスをできるのがデータマネジメントチームの価値だと考えています。そういったスキルを周囲のチームメンバーや外部の方々から吸収したいと思っています。

 

――どんな人と一緒に働きたいですか?

藤井 お客様に提供すべき価値にベクトルが向いている人と一緒に働きたいですね。様々なスキルセット、仕事のスタイルを許容しつつ、プロジェクトのゴールを共有すること。同じゴールに向かって、それぞれの役回りや強みを活かし合いながら進んでいければと思います。

金野 自分とは違う得意領域を持っている人と一緒に働きたいですね。私の場合、手を動かして実装作業を行うこともありますが、会議やSlack上でお客様と技術的な対応を行うことも多く割とオールラウンダーな対応をしているので、プロジェクトマネジメントからデータアーキテクト部分を得意としている、デジタルマーケティングにおける分析データ作成からダッシュボード化に強みを持っている、などはっきりと自分の強みを持っていると良いですね。

トレジャーデータでは仲間を募集しています

応募はこちらから!