DXの根幹であるデータ利活用最前線に携わり、

お客様の成功にコミットする

Customer Success  Customer Consulting
Produce Team

花岡 明  Senior Consultant
西村 啓  Consultant
佐々木 亜衣  Consultant

左:西村 啓 / 中央: 花岡 明 / 右: 佐々木 亜衣

広告代理店での経験から感じた、データ活用の可能性

――トレジャーデータに入社するまでの経歴を教えてください。

花岡 新卒でデジタル専業の広告代理店に入社し、デジタルマーケティング全般のフロント業務に従事した後、外資系IT企業にてカスタマーエクスペリエンスに関連したSaaSプロダクトの営業に携わりました。

佐々木 私は大学卒業後、外資系総合広告代理店に入社しました。アカウント・エグゼクティブとして大手消費財メーカー、スポーツブランド、製薬会社、テーマパークなどを担当し、クライアントのマーケティング戦略立案、広告メディア選定および出稿、広告クリエイティブ企画制作、販促施策企画実施、施策効果測定、新製品開発企画、リサーチ業務などマーケティング活動全般を支援していました。ひとつのブランドを1名で担当していましたので、早くからブランドのマーケティング活動全般を一貫して経験でき、貴重な時間を過ごせました。

花岡 それはなかなか得難い経験ですね。

佐々木 そうですね。その経験を踏まえて、マーケティングの視点を持ちながらビジネスの上流工程を経験したいと考えまして、別の外資系広告代理店に転職し、経営企画室にて新規事業開発組織の立ち上げやコンサルティングを行いました。人事制度改革や人材育成などにも携わっていました。

花岡 その豊富な経験はトレジャーデータでも活きていますね。西村さんはどのようなキャリアを歩まれたのですか?

西村 私は総合広告代理店に新卒で入社後、マスメディアを中心とした、メディアバイイング及びメディアプランナー業務に約10年間従事しました。その後、流通・小売業の営業担当を兼務して、オンラインとオフラインの統合メディア戦略立案に従事し、新規の流通・小売業のアカウント獲得に向けたメディアプランニング、分析支援、新規事業立案まで、一連のフローを経験してきました。

 

――キャリアの中で、どのようなきっかけでトレジャーデータを志望したのでしょうか?

西村 メディアのオンラインとオフラインを連携させ統合するという戦略策定の際に、例えばリアル店舗にいらっしゃったお客様の動線の可視化から、オフラインでのエリア施策最適化とオンライン上のデジタル施策を合わせて実施することで店舗の売上増加を実現できたことが、データ活用の可能性を感じるきっかけでした。この分野により深く携わりたいと考えまして、2019年12月にトレジャーデータの入社を決意しました。

佐々木 私は、クライアントである大企業の新規事業開発を支援する中で、企業のアセットをどう活かすかを検討する重要性を感じていました。さらに突き詰めると、既存事業の顧客との関係をうまく構築し、顧客接点で取得したデータを活かした事業開発を行うことが事業の成功確率を上げるのではないかと考えていました。エンドクライアントのデータ活用の事例を知り、それに関する経験を積みたいと考え、今年(2021年)2月に入社しました。

花岡 佐々木さんと理由が似ていますが、私もお客様と向き合う中で、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するために、根幹をなすデータに携わっていきたいと思ったのがきっかけです。入社は2019年の5月です。

お客様のデータ活用推進を支援するプロデュースチーム

――皆さんの専門領域や業務内容について教えて下さい。

花岡 私たちが所属するカスタマーコンサルティング部門のプロデュースチームでは、お客様がTreasure Data CDPを導入、活用するご支援を行っています。私のメイン領域はデジタルマーケティングのコンサルティングです。お客様の「As-Is」と「To-Be」を整理して、そこから生じるギャップ、課題の解決策をプロジェクト化し、実際の施策運用や分析ニーズを拾い上げて解決に導くのが主な業務ですね。
また、私はアクセラレーションサポートチームも兼任していまして、Treasure Data CDPを既に導入いただいているお客様のコンサルティングも行っています。

西村 私は主に、プロジェクトの進行管理の推進を担当するフロント業務についています。お客様がTreasure Data CDPを導入されてから実際の利活用までをご支援しています。
前職でクライアントとのリレーション構築から提案、プロジェクト推進など、フロント業務を主に経験してきましたので、現在の業務にも経験を活かせていると思います。

佐々木 私も花岡さん、西村さんと同じ様にお客様企業のデータ活用をご支援しています。具体的には、当社カスタマーサクセスのデータマネジメントチームやアナリティクスチームと連携しながら、お客様の課題解決を目指したプロジェクトのマネジメントを行っています。

 

――トレジャーデータでは現在リモートで業務にあたっていますが、チーム内でコミュニケーションに工夫していることはありますか? 

花岡 距離感を詰める「雑談」を多く行うように心がけています。時にはSlackで、時にはZoomで、リモートワークだからこそ細かなコミュニケーションが大切だと考えています。

西村 チーム内での打ち合わせは積極的に実施して、リモートですが顔を合わせる機会をできる限り作っています。トレジャーデータでは社内メンバーのスケジュールが全て可視化されていますので、必要であれば隙間時間でもコミュニケーションを取ることができますね。

佐々木 リーダーをはじめ、チームメンバーが積極的にコミュニケーションを取ってきてくださるのは、入社したばかりの人間にとって非常にありがたかったですね。トレジャーデータでは、各人のスキルや考え方、仕事の進め方は多種多様ですから、丁寧にすり合わせて進めることが大事だと感じます。プロジェクトの進め方や内容についてすり合わせることに対して拒否するメンバーはおらず、快く時間を取ってくれますから、そういう意味で仕事しやすい環境だと思います。

花岡 佐々木さんは比較的最近の入社ですが、このようにコメントをもらい安心しました。これからも、新たに入社される方が業務にキャッチアップしやすい環境づくりを行っていきたいと思います。

DXの第一線で、お客様とともにデータに向き合う

――トレジャーデータの業務で、どんなことにやりがいを感じますか?

花岡 CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)という製品の性質上、データを集約して利活用するというプロジェクトに多く携わることになります。昨今トレンドになっているDXではデータの利活用がその根幹になることが多く、業界最先端のナレッジの蓄積や、事例の創出に関われるのは非常にやりがいを感じますね。

西村 私も同感です。CDP領域において第一線を走り続ける企業として、多種多様なお客様との接点があります。データを活用することでお客様の課題を解決し、より広範な範囲を支援させていただけるようになります。DXの根幹部分に関与できるのは醍醐味ですね。

佐々木 数ヶ月の短期プロジェクトではなく、お客様と長期的な関係を構築できるのも個人的には嬉しい点ですね。個人的に今は、まずお客様の課題について深く理解し、プロジェクトを適切な方向へ進めるパートナーとして認めていただくことが目標ですが、早い段階でTreasure Data CDPをデジタルマーケティングへ活用するだけではなく、新規事業開発の分野にも活用を拡げていく提案ができればと思っています。

 

――仕事をする上で大切にしているポリシー・信条を教えて下さい。

花岡 常にお客様目線を持つことを意識しています。
デジタルやデータに関する考え方や捉え方は、企業や担当者、はたまたそのお客様に至るまで多様です。「何が本当に必要なことなのか」「皆が見ている景色は揃っているのか」そういった調和を取りつつ、時にはリードしながら、時には足並みをそろえてプロジェクトを進行していくことを心がけています。

佐々木 私は新しくチームに加わった立場で、かつデータ領域出身ではありませんので、今はあえて外部の視点を大切にしたいと考えています。DXやCDP活用といった領域は、お客様企業やその関係各社にとって未知の取り組みということが往々にしてありますよね。トレジャーデータ内では定石となっている打ち手も一度外部の視点で見直して、それぞれのプロジェクトに活かしていきたいと考えています。

花岡 それは大事ですね。長くいると、良くも悪くも常識に染まってしまう部分がありますので、新しく入社した方の視点にはハッとさせられることがあります。

西村 そうですね。お客様のトレジャーデータに対する期待はどんどん高まっているように感じています。だからこそ、お客様、プロジェクトにきちんとコミットして、業務に向き合っています。

個性豊かなプロフェッショナルが集まったスペシャリスト集団

――トレジャーデータのカルチャーについてはいかがでしょう?

花岡 オープンでフラット、それでいてチャレンジングでアグレッシブなカルチャーだと思います。
上から下、横まで風通しが良い組織でいて、常に新しいことに挑戦し続ける姿勢がある、働きがいのある環境です。お二人はどう感じていますか?

西村 その通りだと思います。会社全体が、風通しの良い環境で、誰とでもフランクにコミュニケーションを取れるのは、リモートワークが中心となっている環境では非常にありがたいですね。

佐々木 そうですね。私は入社してから、自立したプロフェッショナルが個々の能力を存分に発揮しているという印象を受けました。

西村 付け加えるなら「ベンチャー気質が残った、大人な会社」だと思います。メンバーの年齢的な事も関係すると思いますが、様々な経験をしているメンバーが多く、コミュニケーション能力も高いです。合わせて仕事の進め方やスキルにおいても、日々発見が多い環境だと思います。
メンバーの仕事に対するコミットメントが高く、コミュニケーションが取りやすい「ベンチャー気質」部分と、個人の裁量が大きい「大人な会社」がミックスしているところは、非常に魅力的です。

花岡 確かに、様々なバックグラウンドを持ったスペシャリスト集団でもあります。映画に例えるなら「オーシャンズ11」のような感じですかね(笑)。

佐々木 そうありたいですね。各人それぞれ得意な領域が異なっていますし、パーソナリティも多様です。仕事の進め方も定形があるわけではなく、各人のやりやすい方法も異なっている。入社してから、新たな発見ばかりで刺激があります。

花岡 会社としても変化を恐れずに進んでいますしね。去年と今では状況が全く違いますよね。

佐々木 そうですね。その中で、プロジェクト進行を自分自身でリードさせてもらえる環境なので、日々成長しているのを感じます。

花岡 裁量という意味では、働き方も自由です。私はリモートワークを機に、家族と伊豆へ移住しました。こういったワークライフバランスが取れるのもトレジャーデータの魅力ですね。

 

――どんな方と一緒に働きたいですか?

西村 新しい環境へ、積極的に参加できる熱いメンバーと一緒に働ければ嬉しいです。

佐々木 尖ったスキルを持ったプロフェッショナルなメンバーと働きたいです。あと、女性メンバーがもっと増えたら、個人的には嬉しいですね。

花岡 スキルでいえば、データ利活用推進の提案ができるプランニング力や、顧客やチームとのプロジェクト推進をディレクションできる方が来てくれると嬉しいですね。広告代理店やベンダー、コンサル業界などで提案やプロジェクト推進の経験があれば大歓迎です!

トレジャーデータでは仲間を募集しています

応募はこちらから!