誠実に、データに関するお客様の課題を解決する

山崎 遼 Solutions Engineer

現場に近いところでお客様を支援できる環境に惹かれ、トレジャーデータに入社

――トレジャーデータに入社するまでの経歴を教えてください。

前職では、Eコマースや金融サービスで用いられるデータベースの運用などを担当していました。その後、基盤システムの運用マネジメントを経験して、最終的には日本とインド2拠点のエンジニアを統括するシニアマネージャーになりました。

――なぜトレジャーデータに入社したのですか?

前職ではマネジメント業務を主にしていましたが、マネジメントのキャリアを専門としていくにはビジネス面と技術面の両方の経験値が足りていないことを漠然と感じていました。トレジャーデータの製品は、グローバルかつ業界問わず、多くの企業に採用されています。データ活用に主眼を置き、現場に近いところでお客様のビジネス拡大に貢献できるので、前職で不足していた経験も身につけられると魅力に思い、入社を決意しました。入社したのは2017年12月で、トレジャーデータでは5年ほどキャリアを積んでいます。

Solutions Engineerは、お客様とプロダクトの間に立つ「翻訳家」

――ご自身の専門領域と、チーム内での役割について教えてください。

Solutions Engineerとして働いています。Solutions Engineerは主に新規商談時のテクニカルプリセールス業務、導入が決まったお客様に対する技術支援業務、そしてプロダクト関連業務の大きく3つの役割を担当します。

新規商談時は導入をご検討いただいているお客様に対して、技術的なQ&Aの対応はもちろん、利用イメージが湧くようなデモを実施したり、アーキテクチャの提案なども行います。導入後のお客様の技術支援は、定期ミーティングで質問された技術的なお問い合わせへ回答したり、タグ・ワークフロー・SQLなどのサンプルを作成して提供することもあります。プロダクト関連の業務としては、Pythonを利用して、コネクタがないツールとの連携の開発や、お客様からいただいたプロダクトの改善要望をプロダクトチームにフィードバックして改善を提案します。

基本的に、1人のSolutions Engineerが複数の企業をサポートしていますが、得られたナレッジはチームメンバー間で共有しています。課題が発生した際には、チーム内で知見を持ち寄り、解決していきます。

――仕事をする上で大切にしているポリシー、信条は何ですか?

何より誠実であることです。お客様とプロダクトの間に立つ技術面の翻訳家。これが、私の考えるSolutions Engineerの役割です。特に新規商談では、トレジャーデータでできることと、できないことをお客様に正しく伝える必要があります。

運用フェーズも見越して、無理のないアーキテクチャを提案しつつ、できないことも正しくお伝えします。代替案がない場合は、他社製品との連携も含めて、お客様にとって最適な提案をすることを第一に心がけています。

積極的に技術を吸収して、お客様視点に立てる人と働きたい

――トレジャーデータのカルチャーについてどのように感じていますか?

ベンチャー特有のフラットで、かつスピード感を持った会社だと思います。またサポートエンジニアを筆頭にお客様第一主義の意識を持った、日本特有の「おもてなし文化」も良いカルチャーと感じています。

――チームメンバーの印象についても教えてください。

それぞれ異なるバックグラウンドを持ち、得意領域も異なります。だからこそお互いの知見を出し合い、不得意な領域はメンバー同士でカバーしあえる関係が築けていると感じています。

――トレジャーデータで働くやりがい、魅力は何ですか?

データに関わるお客様の課題を把握し、お客様と共にその課題解決ができることです。案件によっては実装にも深く関わることがあります。密にお客様とコミュニケーションを取り、伴走しながら、成長できることは特にやりがいを感じます。

また、この数年だけでも、外部ツールとの連携が数多くリリースされました。データを活用するためには、CDP単体だけではなく、多種多様な他社ツールの理解も必要です。業務を通じてナレッジの幅を広げられることも魅力です。

――今後の課題と、挑戦したいことを教えてください。

トレジャーデータは、マーケティング以外の領域に向けた機能拡張を積極的に進めています。そのためチーム全体で、これまでの領域を越えた連携が大切になってきていると感じます。Solutions Engineerも、プロダクト実装にも深く関わる案件が非常に増えています。通常業務を続けながら、お客様と共にプロダクト実装まで担当するなど、より広範囲で貢献していきたいですね。

――最後に、どんな人と働きたいかメッセージをお願いします。

トレジャーデータが提供するCDP(Custmer Data Platform)は、競合も増えています。お客様から選んでいただくためには、プロダクトの品質とともに、対応する「人」の要素も重要なファクターとなり得ます。だからこそ、Solutions Engineer にも積極性やお客様視点が必要になってきます。積極的に技術を吸収する意欲があり、お客様の課題を解決に導く視点を大切にできる、熱意のある方と働きたいですね。

Solutions Engineeringチームは、仲間を募集しています

募集要項・応募はこちら