トレジャーデータでマーケティングを担当している堀内です。

「TREASURE DATA “PLAZMA”」開催が本日からとなりました! 現在2,500名を越える来場申し込みをいただき、改めて身が引き締まる想いです。来場される皆さまに、デジタルトランスフォーメーションのヒントとマインドセットを持ち帰っていただける3日間をご提供できるように、準備を進めています。

今回はスマートニュース株式会社のブランド広告責任者である菅原 健一さんと対談させていただきました。

 

菅原さんにはトレジャーデータの初期の段階から、マーケティングソリューションとして価値あるサービスになるにはどうすればよいか、常日頃アドバイスをいただいたり、取材でご一緒に対談させていただいたり、とてもお世話になっています。今回「TREASURE DATA “PLAZMA”」開催にあたり応援メッセージを寄せていただけるとのことでこの機会に是非! ということで対談をセッティングさせていただきました。

 

「デジタル化とは?」

「デジタルトランスフォーメーションとは?」

菅原さんのロジカルで、かつ純度の高い結晶のような言葉には、それを通して覗き込む未来が明晰に感じられるように思います。データの必要性を一貫して提唱し続ける菅原さんと出会って5年、改めて、静かな、しかし確かな情熱を感じました。「トレジャーデータには、マーケターの能力を解放する取り組みをどんどんしていってほしい」との菅原さんのお言葉に、デジタルアップデートを志向する「TREASURE DATA “PLAZMA”」の意義も再確認することができました。そして5月の「TREASURE DATA “PLAZMA”」では菅原さんにご登壇いただくことになりました! 詳細は決まり次第、こちらのブログにてご案内いたします。

この対談の模様は後日メディアにて掲載されます。

本日から開催する「TREASURE DATA “PLAZMA”」では、パートナー企業のマーケティングテクノロジーソリューションのライトニングトークやブースの設営(「Showcase」)、デジタル化の先進事例をご紹介する「Case Study」など、マーケティングのデジタル化をサポートするプログラムをご提供します。皆さまのご来場をお待ちしております!


トレジャーデータは2018年、デジタルマーケティングの祭典「TREASURE DATA “PLAZMA”」を開催します。「Network Showcase」の規模を拡大、デジタルマーケティングの最新トレンドを提供し、デジタルトランスフォーメーションを加速させるイベントです。2018年2月19日からスタート、いよいよセッションも埋まってきました。事前登録はおはやめに!