リアルタイムに顧客一人ひとりに的確な対応を実現

Treasure Data CDP for Contact Centerの特徴

Treasure Data CDP for Contact Centerとは?

Treasure Data CDP for Contact Centerは、業界・業種を問わず、戦略的にコンタクトセンター・コールセンターを運用し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を目指す組織向けのプラットフォームです。このプラットフォームは、コンタクトセンター・コールセンターからWeb・アプリ・広告・店舗といった多様な顧客接点を包括的に管理し、企業がリアルタイムに顧客一人ひとりに的確な対応を行う支援をします。

これまで、企業の顧客対応は、認知・興味・購入・アフターサービス等の顧客フェーズやチャネルごとに最適化が進む傾向にありました。今後は、既存顧客の満足度やLTV(顧客生涯価値)を向上させる重要性が増しています。電話・チャットからデジタルのWebやアプリに至るまで、様々な顧客接点を包括的に管理し、戦略的に顧客体験の向上を図る要の組織として、企業は守りのコールセンターから攻めのコンタクトセンターへと変革していく必要があります。

Treasure Data CDP for Contact Center 構成/顧客の反応

Treasure Data CDP for Contact Centerの主な機能

  • リアルタイムの顧客可視化
    コンタクトセンター内で参照するデータに加え、基幹システム、Web・アプリログ、店舗(オフライン)、位置情報等、顧客に関わる全てのデータを参照したり、利用することが可能。
  • LTV(顧客生涯価値)の予測
    本プラットフォーム上に統合されたデータに、ルールや機械学習を適用することにより、LTVの高い顧客を効率的に識別し、その行動を理解することが可能。優良顧客等を見逃すことなく、コンタクトセンターの活動を最適化できる。
  • 次の最適なアクションの提示
    本プラットフォーム上に統合されたデータに、ルールや機械学習を適用することにより、Webやアプリの行動も考慮したネクストベストアクションをリアルタイムで提示することが可能。
  • VOC(顧客の声)の解析
    顧客との通話音声をテキスト化するソリューション等と連携することで、通話音声のテキスト化データを収集し、機械学習を行うことが可能。自然言語処理を活用したワード分析により、顧客セグメント抽出したり、コンタクトセンターでの対応改善に必要な情報をフィードバックできる。

Treasure Data CDP for Contact Centerの簡略図

利用イメージ

Treasure Data CDP for Contact Centerの利用イメージ

Treasure Data CDPの導入支援

トレジャーアカデミー

認定パートナー

オウンドメディアPLAZMA