SoftBank法人マーケティングによる第2回Marketer Meetup

-ビジネス成果に繋がる分析の手法-

お申し込み

マーケティング業務を営業実績に繋げることは、どの企業にとっても課題となっています。
営業効率の最適化のための高度なターゲティングや、オートメーションシナリオの基となる分析をどのように実践してきたのか。
SoftBank法人マーケティング本部 鵜澤 聡幸氏が、分析担当者の観点からこれまでの取り組みについて事例を交えてお話します。
ビジネス成果に繋がる分析のヒントをぜひお持ち帰りください。

プログラム

15:45 開場
16:00鵜澤氏セッション
  ・機械学習を応用したリードの興味関心スコアリング
 ・分析手法の変遷-単純なクロス集計から多変量解析の導入-
 ・いかにしてデータ分析人材の確保をするか
 ・SoftBank法人マーケティングのこれからの展望について
17:00Q&A/交流会(約1時間)

スピーカー

鵜澤 聡幸
ソフトバンク株式会社 法人マーケティング本部

2015年SoftBank株式会社に新卒入社。3年間,首都圏エリアの営業本部にて直販営業と営業推進業務に携わった後、2018年10月に法人マーケティング本部に異動。マーケティング企画部マーケティング分析課にて2000以上の商材のBtoBマーケティング分析を担当し、データ・ドリブンなマーケティングを推進中。

開催概要

日時2020年1月30日(木)
16:00-18:00 (15:45 開場)

会場東京都千代田区 丸の内1丁目6-5
丸の内北口ビル6階
東京駅徒歩1分

地図

定員20名程度
参加費無料
対象・デジタルマーケティング担当者
・分析業務に携わっている方
・データ関連業務に携わっている方

 

主催トレジャーデータ株式会社
ご連絡先sdr-jp@treasure-data.com
注意事項定員を超えた場合は抽選とさせて頂きます。
お申込み後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。
今回ご提供いただく個人情報は、トレジャーデータ株式会社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理いたします。
トレジャーデータ株式会社の個人情報保護方針