データ統合

顧客プロファイル管理

顧客がその行動を取った理由を明らかにする

Treasure Data CDPを活用することにより、これまではわからなかった細かな粒度で、顧客を捉えることができます。訪れたWebページ、クリックした広告、購入した商品はすべて、1つのIDで管理され、顧客が行動するとすぐにデータは統合されます。これにより、常に最新で有用な顧客インサイトを得ることができます。「誰が・いつ・何をした」という情報だけでなく、顧客がなぜ興味を持ったのか、なぜ特定の行動や購入、離脱をしたのかなどを理解するのに役立ちます。

Webデータの統合

顧客の全体像を把握する

顧客や見込み客を深く理解するには、多くのデータが必要です。 一人として同じ購入者は存在せず、ロイヤリティを高める方法も同じではありません。顧客がどこでどのように企業と接しているかを理解することで、顧客一人ひとりに重要なタイミングで、その人に合ったチャネルと内容でアプローチすることが可能になります。

Treasure Data CDPがどのようにして、顧客データを適切なタイミングで使えるようにするのか。データパイプライン管理機能、トレジャーワークフロー、ID統合機能を解説します。

Build a complete view of your customers with Treasure Data

データパイプライン管理機能の特徴

スキーマレスなデータストレージにより、新しい顧客情報をいつでも追加でき、必要な情報に迅速にアクセスすることができます。

データ処理管理用のダッシュボード上で、データパイプラインを管理することができます。重要な顧客データへの割り込み処理は、発生しません。

企業内の様々な顧客データを整理・共有し、Treasure Data CDPのデータタンクを使った分析やレポーティングが可能です。

トレジャーワークフローを使うことで、IT部門は、低コストで適切な顧客データのパイプライン管理が可能です。

トレジャーワークフローの特徴

  • きめ細かくアクセス権限を設定することができ、企業のセキュリティ基準を満たします。
  • 入力・処理から出力までのデータプロセスを、効率的な方法で管理・自動化します。
  • データの再利用や共同利用のためのワークフローテンプレートを作成することができ、企業の生産性を維持します。
  • ワークフローの進捗を通知する機能があり、正確にデータ処理が完了したか確認することが可能です。
  • 複雑なデータワークフローに対応し、タスクのグループ化と並列実行により、データ処理を簡素化します。
  • バルクインポートとストリーミングインポート両方の処理に、最もよく使われているクエリエンジンを使うことができます。
  • ジョブスケジューリングに必要な機能を備えているため、追加の高価なアプリケーションは不要です。
  • 増分データのインポートに対応し、データ処理の効率を向上させます。
  • リソースプールにより、重要なデータ処理を実行し続けることが可能です。

Advanced Treasure Data Workflow Features
Advanced Treasure Data Workflow Features

データを統合して顧客の行動を理解する

顧客がなぜ購入したのか、なぜ購入しなかったのか、さらにはなぜ他社を選んだのかを理解することで、企業は新たな気づきを得ることができます。顧客の行動の意図や背景を理解するためには、誰がどこでどの程度の頻度で行動したのかを知る必要があります。例えば、どの顧客が1回の来店で1万円以上購入したのか、その顧客はロイヤリティプログラムに登録したのか、過去60日間に何もしなかった顧客は誰なのかを知る必要があります。

Treasure Data CDPを使うことで、データの保持期間の制限なく、様々な顧客属性と発生したイベントの詳細を取り込むことができ、ID統合により包括的に顧客を理解することが可能です。

ID統合機能のメリットと特徴

事業分析担当者やマーケティング分析担当者向けに開発されたツールで、企業は適切に顧客プロファイルを管理することができます。

データタンクを含むTreasure Data CDP内の全てのデータテーブルを活用し、顧客データを管理、統合、整理、関連付けすることが可能です。

企業独自のデータから、顧客属性と行動に関する特定のモデルを作成できます。さらに様々なデータを付加して、顧客プロファイルの精度を向上させることが可能です。

専用のTreasure Data CDPのテーブルを使うことで、統合ワークフローの自動化が可能です。労力をかけずに、顧客プロファイルを最新の状態に保ちます。

Webサイト上で動きがあった際に、親和性の高いコンテンツカテゴリーを自動で付与し、顧客プロファイルの精度を向上させます。

Treasure Data CDPの機能・基盤技術

Treasure Data CDPの特徴

データ連携

セキュリティ

Treasure Data CDPの導入支援

トレジャーアカデミー

認定パートナー

オウンドメディアPLAZMA