セキュリティに関する取り組み

膨大なデータを安全に

トレジャーデータには、全ての意思決定において、謙虚であること、責任をもつこと、という創業時のビジョンがあります。 それゆえに、プロセス、行動、そしてあらゆるレベルのインフラストラクチャに至るまで、お客様のデータ保護には一切妥協をしません。

トレジャーデータのセキュリティ規程の詳細については、「STATEMENT OF TREASURE DATA’S SECURITY PRACTICES FOR CUSTOMER INFORMATION」をご覧ください。

セキュリティに関する当社の視点については、データビジネス担当副社長兼ゼネラルマネージャー芳川のブログをご覧ください。

ブログを読む

データドリブンマーケティングには、セキュリティとプライバシーに対する責任が伴います

セキュリティは、データプライバシーの基本です。 当社の技術であれば、あらゆる企業が、安全な方法で顧客や見込み客を深く理解することができます。Treasure Data CDPは、顧客と強固な関係を築き、顧客に選んでもらうと同時に、マーケティングの費用対効果を最大化することが可能です。それらに伴う、データの紛失、盗難、破損といった顧客からの信頼を損なうようなデータに関するリスクは、確実に対策を行わなくてはなりません。

企業は顧客を守るためにあらゆるセキュリティ上の注意を払う必要があります。Treasure Data CDPには、企業が顧客から信頼を獲得するためのサポートをしています。
当社のカスタマーデータプラットフォーム(CDP)が、一般データ保護規則(GDPR)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などのデータプライバシー規制にどのように対応しているかをご紹介します。

詳しくはこちら

あらゆる企業のデータを、安全に管理しています

Treasure Data CDPは、データの規模によらず顧客のデータを安全に管理します。世界を代表する大企業の当社顧客は、顧客の個人情報(PII)を安全に保護しています。また、当社CDPの高度な管理機能をグローバルチームに適用して、常にプライバシー規制に準拠しています。

ポリシーに基づいた高度なアクセスコントロール機能
管理者は、きめ細かくユーザーパーミッションの割り当てや管理ができます。

柔軟なポリシー設定
あらゆるレベル(地域、組織、役割など)でパーミッションを管理することができます。

エンタープライズ認証のインテグレーション機能
SAMLプロトコルを使用してIDフェデレーションを安全に提供することができます。

高度な監査ログ機能
プラットフォーム内のアクティビティを追跡するために、無制限でイベントを表示、フィルタリング、クエリ実行が可能です。

複数のアカウント利用
開発用と本番用に、複数のアカウントを使うことができます。

トレジャーデータのセキュリティプロファイル

ISO/IEC 27001:2013 認証済

詳しくはこちら

FISC(Financial Industry Information Systems)ガイドラインへの準拠

詳しくはこちら

EU - U.S. and Swiss - U.S. Privacy Shield 認証済み

詳しくはこちら

SOC 2 Type 2 監査報告書
24時間365日ネットワーク監視
転送中および休止中の暗号化
完全冗長化されたプラットフォーム
Treasure Data CDPは、階層化された環境で構築されており、インターネットベースの攻撃からアプリケーションとデータベースを保護します。
Amazon Web Services(AWS)環境は、ISO / IEC 27001:2013、SSAE 16 SOC 1、SOC 2タイプ2、PCIレベル1、FISMA Moderate、SOX(Sarbanes-Oxley)の審査に合格しています。

詳しくはこちら

共有セキュリティモデル

公認外部監査人協力のもと、共有セキュリティモデルに基づきサービスプロバイダーおよび当社のプロセスと管理を保証するとともに、セキュリティ、機密性、可用性に関する確立された基準を満たしています。