データを統合しデータドリブンに

施策の精度を高める

デジタルトランスフォーメーションを加速させ顧客理解を深める、各業界・企業の先進事例をご紹介します。

資料ダウンロード

自動車業界

長期に渡る顧客とのコミュニケーション、メーカーのWebサイトやイベント、ディーラーなどの販売店など多層的な接点、車種によって異なる広告代理店と運用ツール。自動車メーカーにとって、データのサイロ化は社内システムのみならずグループ企業をまたいで発生しています。Arm Treasure Data eCDPは多彩なデータソースからのデータを収集、格納することができ、かつ柔軟な外部連携性により広告配信やOne to Oneコミュニケーションの実践が可能です。データから顧客を理解し、様々なタッチポイントを最適化することで、自動車メーカーが顧客に対して提供するのは、最善のカスタマーエクスペリエンスです。

SUBARUには、複数ある自社サイトのデータや広告配信のデータ、販売店での顧客のデータなど様々なデータが蓄積されていました。しかし、それぞれのデ ータを異なる部署が管理しており、データを活用しきれていないという課題を抱えていました。そこで、データを一元管理するために「Arm Treasure Data eCDP」を導入。様々な施策へのデータ活用を推進しています。

“CDPなしではデータを活かせません”

SUBARU事例を読む

メーカー

国内市場が縮小し、消費者のライフスタイルも大きく変化している状況では、旧来型のマスを重視したマーケティング活動のみでは顧客との適切なコミュニケーションは困難です。それぞれの商品や事業部ごと、または販売チャネルごとに散在するデータを統合し外部データと掛け合わせることで、ブランド企業は顧客をより深く理解できるようになります。顧客に応じてパーソナライズされたタイミングとコンテンツを、適切なチャネルで届ける顧客本位のデータドリブンマーケティングは、顧客のロイヤリティを高める継続的なコミュニケーションを実現します。


飲料・酒類分野で日本を代表する企業であるキリンは、時代の変化に対応すべくマーケティングのデジタル変革に挑んでいる企業のひとつだ。キリン デジタルマーケティング部の山中啓司氏に同社のマーケティング活動における変化を聞いた。

事例を読む


日本に存在する様々なビジネスの中で、たばこビジネスほどマーケティングに様々な制約が存在するものはないだろう。インターネット広告も含めて対外的な広告宣伝は厳しく規制され、オウンドメディアの閲覧には身分証明書の提出を必須とする会員登録を求める。

事例を読む


資生堂のマーケティングの大きな特徴のひとつは、戦前から続く会員制度「花椿CLUB」です。2012年にリリースしたウェブサービス「ワタシプラス」では、この「花椿CLUB」のデータをオンラインに統合しています。

事例を読む


ユナイテッドアローズは、全国でセレクトショップを展開するアパレル企業です。現在18のブランドで245の店舗を持つ他、アウトレット・自社オンラインストアも展開しています。

事例を読む

メディア

メディア企業はデジタル化することで、顧客の行動や嗜好を捉えることができるようになりましたが、自社に蓄積するデータだけではデータは部分的で、モザイク化した顧客像を把握することは困難でした。Arm Treasure Data eCDPを導入し、サイト内外の行動データや 3rd Partyデータを紐づけることで、アトリビューション分析をはじめとした分析に基づくより精度の高い顧客インサイトを獲得できるようになります。インサイトから導き出される企画力の向上が、メディア自体の顧客価値を高めます。

流通小売

膨大かつ多種多様なデータが、小売企業の販売活動から日々発生しています。Webサイトのアクセスログやモバイルアプリの行動データ、実店舗のID-POSデータやECサイトにも横断するポイントプログラム。CRMの個人情報に類するデータもあれば、気象データも重要です。それらデータ利活用のボトルネックになっていた収集と格納、処理の問題を、Arm Treasure Data eCDPを基盤に据えることで解決できます。既存のデータソースとの繋ぎ込みは容易で、増え続けるデータを拡張性高く永続的に保持し、国際基準に準拠したセキュアな状態で格納できます。処理能力が高いことも大きな特徴で、データをよりスピーディーに価値あるアクションに変え、施策のPDCAサイクルを高速化することで、オムニチャネル戦略への応用やカスタマージャーニー全体における顧客体験の設計をサポートします。

株式会社良品計画は、業界でもいち早く、データの有益な活用に成功した企業として知られています。「無印良品」のウェブサイトの登録ユーザー460万人、「MUJI passport 会員223万人のユーザが生成するログデータは一日に200万件以上になります。

事例を読む


デジタル施策に積極的に取り組むパルコでは、スマートフォンアプリ「POCKET PARCO」やウェブサイトから取得したデータを活用した施策を行っていました。その蓄積されたデータをより使いやすくする目的で、2016年には「Arm Treasure Data eCDP」の導入を決定。

事例を読む

金融

激しく変化する市場環境のなかで、顧客のエンゲージメントを高めることが企業の将来を左右していく時代が到来しています。もちろん金融業界も例外ではありません。金融企業がもつ顧客の属性をはじめとした様々な情報を統合することで、真の顧客インサイトに迫り、徹底的な顧客中心主義のマーケティングや新規事業の創出を実現します。

クレディセゾンが Arm Treasure Data eCDP導入の先に描く未来

「セゾンカード」、「UCカード」を展開するクレディセゾンは、データを活用したマーケティングの変革において、先進的な施策にいち早く取り組んできた企業のひとつです。現在では約2,700万人のセゾンカード・UCカード会員、約1,500万人のネット会員で年間約5兆円の取扱高を誇るクレディセゾンは、今や業界では常識となっている「年会費無料」「カード即日発行」「サインレス決済」といった仕組みを業界に先駆けて導入。

クレディセゾン事例を読む

IoT

IoTデバイスやセンサーが爆発的に増加している中で、それらを起点としたログデータの種類も量も指数関数的に増大し対応は容易ではありません。Arm Treasure Data eCDPは、コネクテッドカーやデバイスといった多種多様なデータソースからのデータを柔軟かつセキュアに格納し、相互に関連付けることでデータに付加価値をもたせていくことができます。クラウドゆえの拡張性と機動性は、ビジネスのあらゆる側面で活用可能です。

パイオニアは車載用機器やスマートフォンなどからデータを収集、解析し、そこから得られる情報を自動車関連企業の用途に応じて配信するクラウドソリューションを提供していきます。
パイオニア事例を読む

デジタルマーケティング

Arm Treasure Data eCDPを導入することで、企業は自社の保有する1st Partyデータに加えて、2nd Party、3rd Partyデータを効率的に統合し、データのエンリッチメントを実現できます。より鮮明な顧客像はマーケティング活動と広告施策の精度を向上させ、費用対効果を最大化します。Arm Treasure Data eCDPは非常に高い外部拡張性を有していますので、多様な広告運用ツールとの運用も容易で、各種ビジネスインテリジェンスツールと接続すれば効果測定の可視化もリアルタイムで実行可能、ビジネスのスピードを加速させます。


「生活者視点の新しい価値を提供して、日々の生活を豊かに」という理念の下、「ユーザー本位の価値あるサービスを創出しつづける」ことをミッションに掲げている株式会社カカクコム。そのミッションを体現すべく、1997年の創業以来、カカクコムグループでは「価格. com」「フォートラベル」「スマイティ」など様々なサービス創造への挑戦を続けている

事例を読む

JBAT Logo
JBアドバンスト・テクノロジーは、グループ会社であるJBサービスが保守サービスを提供している3DプリンターにIoTを導入しました。全てのセンサーデータログを「トレジャーデータサービス」へ収集し、保存と分析まで行っています。現場へ訪問する前に稼働状況を分析することで、メンテナンスの効率化や、障害の予防保守に役立てています。

事例を読む