深い顧客理解で実現する、最高の顧客体験

Treasure Data CDPの特徴

Treasure Data CDPとは?

Treasure Data CDPは、トレジャーデータが提供するカスタマーデータプラットフォーム(CDP)です。デジタルトランスフォーメーションの基盤であり、企業のデジタルトランスフォーメーションに必要な顧客理解、顧客体験の最適化をサポートします。企業は既存の仕組みと「Treasure Data CDP」を連動させて、様々なデータを柔軟に収集、⼤規模かつセキュアに統合・分析し、施策に活用することができます。

Treasure Data CDPの全体像

Treasure Data CDPには、データの収集、統合、分析、施策の実行のための機能があります。

データ収集では、実装済みの連携コネクタを使うことで、オンラインとオフラインにまたがる多種多様なデータを収集することが可能です。データ統合では、「トレジャーワークフロー」により、データを処理したり、顧客プロファイル管理を行います。「オーディエンススタジオ」などの分析機能は、セグメンテーションや体験シナリオの自動化などに役立ちます。そして、施策の実行段階では、「プロファイルAPI」や連携コネクタを用いて、ツール横断で一人ひとりに最適なコミュニケーションを実現します。

これらの機能を支えるのは、高度なビッグデータプラットフォームの技術です。このクラウドのデータ基盤は、セキュリティが高く、拡張性に優れ、高度な分散処理、スキーマレスのデータ処理を実行しています。

Treasure Data CDPの全体像

データ収集:豊富なデータ連携機能

Treasure Data CDPには、170を超える連携コネクタが標準機能として備わっています。データを収集・分析し、施策を実行する上で、様々なテクノロジーやツールとのデータ連携が必要になった際も、企業は新たにデータ連携のための開発したり、開発した連携機能のメンテナンスをする必要がありません。デジタルマーケティング領域を中心に、この連携コネクタの数は増えています。ご利用のテクノロジー・ツールとの連携コネクタも、きっとあるはずです。

データ統合:顧客がその行動を取った理由を明らかにする

顧客プロファイルデータは、CDP内で一元管理されることで、常に最新の状態を保つことができます。製品やサービスを誰が購入したかだけなく、なぜ購入したのかというインサイトも与えてくれます。Treasure Data CDPは、製品情報、顧客属性、行動履歴といった様々なデータを統合して、信頼できる唯一のデータソースを自動で作成することができます。これはCDPが持つ非常に重要な機能で、精緻な顧客プロファイルを作成するのに役立ちます。

Treasure Data CDPのデータ管理やプロファイル統合の機能が、どのように顧客プロファイルを最新で適切な状態を保つかを解説しています。

分析:今アプローチすべき顧客を見つける

データや分析は、適切なタイミングで施策に移すことに意味があります。Treasure Data CDPを使うことで、高度なインサイトによってキャンペーンの方向性を決め、ターゲットとなる顧客セグメントを詳細に定義することが可能です。これにより、一人ひとりに最適化された価値のあるコミュニケーションを実現します。

施策の実行:様々なチャネルを通じて、顧客へアプローチする

情報が氾濫する時代において、一人ひとりに合ったメッセージでなければ、顧客の心には届きません。個別のメッセージや提案を、適切なタイミングと場所で提供する必要があります。Treasure Data CDPを使うことで、企業のマーケティング担当者は、特定の顧客グループを正確にターゲティングすることができ、その結果、効果的なチャネル横断のマーケティングが可能になります。企業ですでに使用しているシステムとTreasure Data CDPを連携することで、迅速に顧客グループを同期でき、タイムリーに一人ひとりに合ったコミュニケーション、プロモーションなどを実行できます。

Treasure Data CDPの導入支援

トレジャーアカデミー

認定パートナー

オウンドメディアPLAZMA