ウェブフック

Treasure Data CDPとウェブフックやポストバックのデータの統合は、とても簡単です。さらにその情報を多種多様なデータソースと組み合わせることも可能です。ウェブフックの設計と統合により、データをより効率的に利用することができます。Kochava、mParticle、Segment、AppsFlyer Postback、Postback API、mParticleなどと連携することで、様々なデータから深い顧客インサイトを得ることができます。

Adjust
Appsflyer
Apsalar
Branch.io
Kochava
mparticle
Segment
TUNE