BtoB営業・マーケティング・サポート活動の全体最適化を実現

Treasure Data CDP for Salesの特徴

Treasure Data CDP for Salesとは?

Treasure Data CDP for Salesは、法人営業高度化のためのデータプラットフォームです。BtoB取引を行う企業や組織において、様々なチャネル・部門に分散している顧客企業・担当者データの統合や、営業・マーケティング・サポート活動の全体最適化を支援します。

最近のコロナ禍では対面営業が制限され、営業活動におけるデジタル化・データ活用の潮流は、より一層加速しています。企業は部門横断の統合顧客基盤を設け、一元管理されたデータを分析・活用することで、顧客企業や担当者への対応をマーケティング・営業・サポート部門全体で最適化することが技術的に可能となり、このような体制や仕組みを構築していく企業が増えています。これは、近年注目されているABM(アカウントベースドマーケティング)の概念でもあります。

Treasure Data CDP for Salesのデモ画面

Treasure Data CDP for Salesの主な機能

  • 顧客企業・担当者に関するデータの統合自動化
    各部門で管理・活用されている様々なチャネルの顧客データを自動で統合することが可能。Webサイト上での全ての行動データ、既に導入済みのシステムのデータ、IoT機器のデータなども収集・保管できる。主なMA ・SFA・CRM・その他デジタルマーケティングツールとの連携コネクタを備えており、企業は開発や保守が不要。
  • 顧客企業と担当者を包括的に管理・可視化
    顧客企業と所属する担当者を紐付けることで、顧客企業全体と担当者の状態や行動を見える化することが可能。ABMの推進を強力に支援。
  • 機械学習を用いた受注確度や離反確度の予測
    本プラットフォーム上に統合されたデータに、機械学習を適用することにより、顧客企業や担当者が製品を受注する確度、離反する確度を予測することが可能。
  • 顧客対応の最適化・効率化
    明らかになった購買・離反の確度から優先順位づけを行い、設定したルールや機械学習を用いて、顧客対応のタイミング、対応部門、チャネル、具体的な対応内容が全て最適になるようレコメンドを導き出す。

Treasure Data CDP for Salesの利用イメージ

Treasure Data CDPの導入支援

トレジャーアカデミー

認定パートナー

オウンドメディアPLAZMA