すべてのカテゴリー

IoTデバイスとセンサー

モノのインターネット(IoT)における大部分を占めるデバイスやセンサーは、膨大なデータを生み出します。流通・小売企業が近接マーケティング(お店の近くにいる顧客に対してセールやキャンペーン情報などを届ける)のためにはそれらの膨大なデータを統合・分析できるCDPが必要です。すでに多くの小売企業は、顧客体験を向上させるためにデバイスやセンサーのデータを活用してマーケティングを行っています。何十億もの新しいIoTデバイスやセンサーが世界中に展開される昨今、積極的にIoTデータ活用に投資を行っています。Treasure Data CDPは、IoTデータの統合を支援し、流通・小売企業の近接マーケティングにおけるデバイスとのインターフェースを提供するために、以下のソフトウェアと連携しています。

Infrastructure as a Service (IaaS)

Treasure Data CDPは、以下のような様々なIaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)のプロバイダーと連携し、より良いクラウドデータ統合を実現します。

ウェブアクセス解析

トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム(CDP)とアクセス解析ツールを連携することで、オフライン・オンラインそれぞれのデータを統合して顧客の全体像を把握することができます。まず、モバイルとウェブのアクセス解析ツールが連携されると、「モバイルアプリやWebサイトは、購買プロセス上どのような役割を果たしているか?」「どのように顧客体験を最適化していくことができそうか?」といった、一人ひとりの顧客の購買行動における重要な問いに答えられるようになるでしょう。Treasure Data CDPは、多種多様なソフトウェアやデータソースへの連携機能を備えており、様々なデータを簡単に統合することができます。Google Analytics、Informatica Information Cloud、Amplitude、AppAnnie、Tableau、さらにはTreasure Data CDPがサポートしているアクセス解析開発パッケージとCDPとの連携により、顧客を深く理解でき、施策の費用対効果を向上させることができます。Treasure Data CDPは、以下のようなアクセス解析ツールと連携しています。

ウェブフック

Treasure Data CDPとウェブフックやポストバックのデータの統合は、とても簡単です。さらにその情報を多種多様なデータソースと組み合わせることも可能です。ウェブフックの設計と統合により、データをより効率的に利用することができます。Kochava、mParticle、Segment、AppsFlyer Postback、Postback API、mParticleなどと連携することで、様々なデータから深い顧客インサイトを得ることができます。

ウェブページ

トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム(CDP)とアクセス解析ツールを連携することで、リアル・オンラインそれぞれのデータを統合して個客の全体像を把握することができます。まず、モバイルとウェブのアクセス解析ツールが連携されると、「モバイルアプリやWEBサイトは、購買プロセス上どのような役割を果たしているか?」「どのように顧客体験を最適化していくことができそうか?」といった、一人ひとりの顧客の購買行動における重要な問いに答えられるようになるでしょう。Google Analytics、Informatica Information Cloud、Amplitude、AppAnnie、Tableau、さらにはTreasure Data CDPがサポートしているアクセス解析開発パッケージとCDPとの連携により、顧客を深く理解でき、施策の費用対効果を向上させることができます。

SQLとデータサイエンス

Treasure Data CDPは、SQL-Likeな記述ができる分散SQLエンジンを採用しています。データサイエンスの専門家でなくても、統合されたデータを気軽に取り扱えるのが特徴です。私達の顧客で、世界でも著名なデータサイエンティストも、イベントや顧客データをパワフルに分析するTreasure Data CDPの能力を高く評価しています。顧客データの変換や、クエリのカスタマイズ、データセットの構築、リアルタイムイベントの発生に伴う顧客のターゲット化だけでなく、マルチタッチアトリビューションモデルを使用して、施策において何が効果的で、何がそうでなかったのかを簡単に把握することもできます。世界最高レベルのデータサイエンステクノロジーをTreasure Data CDPで手に入れましょう。ビジネスニーズの変化に対応するためには、非構造化データやデータベース設計、データフロー、データサイエンスのベストプラクティスを備えたプラットフォームが必要です。機能がどんどん進化するTreasure Data CDPは、強力にあなたのビジネスをサポートします。Treasure Data CDPは以下のようなデータソースやソフトウェアとの連携を自動的に処理することができます。

エンタープライズリソースプランニング(ERP)

CDPとNetSuiteをはじめとしたERPシステムと連携することで、収益トラッキング、リソース管理、従業員レポートに利用することができます。Treasure Data CDPは、企業が保有するあらゆるデータを収集し、保存します。データへのアクセスもセキュアで簡単。いつでも利用可能です。Treasure Data CDPは、以下のようなERPソフトウェアと連携しています。

オープンソースのデータ/サーバー

オープンソースサーバー、サーバーサイドインフラ、サーバーサイド言語との統合は、Treasure Data CDPの重要な機能です。Java、Perl、Python、Ruby、JSON、FluentD、Apacheをはじめとしたソフトウェアや開発言語との連携ができます。これらや以下にあるようなパッケージは、データへのアクセスに使用されるプラットフォーム、ネットワーク、サーバ、言語に関係なく、オープンソースのデータ統合や顧客データの使用に使用することができます。Treasure Data CDPは、以下のようなサーバー、言語、オープンソースのソフトウェアと連携機能が備わっています。

カスタマーサポート

Treasure Data CDPとカスタマーサポートデータを連携することで、深い顧客理解を行うのに重要な顧客インサイトが得られ、カスタマーサポートチームの顧客コミュニケーション改善に大きな力を発揮します。カスタマーサポートにおけるデータを分析ツールと統合する場合でも、AIでより効率的なカスタマサポートを行う場合でも、CDPは活躍します。Jira、Zendesk、Zuora、Intercomをはじめとした多くのソースから生成されるデータを使って、360度ビューでプロファイルを作成することができます。Treasure Data CDPは、以下のようなカスタマーサポートツールと連携しています。

機械学習

機械学習(ML)は、Treasure Data CDPのマーケティングオートメーション機能の中核をなしています。例えばECのようなアプリでは、機械学習によりパーソナライズされたカスタマージャーニーを実現し、より多くの収益を生み出しています。ある顧客企業はTreasure Data CDPを使用して1日あたり最大170億件のイベントを処理しており、機械学習によってモバイル購入者数を7%増加させるなど、様々な戦略を迅速にテストし、コンバージョンの伸びを前年比2倍にまで高めました。

決済/ECデータ

ECの成功には、決済データを見過ごすことはできません。売上を向上させるためには、Treasure Data CDPを活用して、決済データを他の顧客データを統合し、パーソナライズされた顧客体験を提供することををおすすめします。既に収集したデータと、PKI データ、トランザクションデータ、決済データ、パターン、インサイトなどを組み合わせることができれば、マーケティングオートメーションの効果は倍増します。Shopifyの決済システムとの統合や、Amazon、GoogleなどのECプラットフォームとの連携ももちろん可能です。Treasure Data CDPは、以下のようなデータストリームや決済データとの連携をサポートしています。

広告/マーケティング

広告データの一元化と、データマネジメントプラットフォーム(DMP)、DSPなどのアドテクツールやマーケティングテクノロジーが生み出すデータをCDPで連携することは、多くのマーケティングツールにとって重要であり、非常に大きなスケールで一人ひとりの顧客を理解するのに役立ちます。CDPは、多くのプラットフォームにまたがる広告データを効率的に一元化し、宣伝・販促活動における高い投資対効果を実現します。Treasure Data CDPは、Adobe、Amazon、Android、Facebook、Jira、Hubspot、The Trade Desk、Criteoをはじめとした人気のマーケティングテクノロジー、アドテクツール、広告ツールと連携して、素早いデータ抽出を実現します。

CRM

CRMデータとTreasure Data CDPを連携することで、様々なソースから処理された顧客データから深い顧客理解に必要な重要なインサイトが得られます。CRMデータやカスタマーサポートデータを分析プログラムやAIパッケージと統合する場合でも、Treasure Data CDPは、Salesforce、Sansan、SAPといった多くのソースからの得られるデータを使用して、360度ビューで顧客プロファイルを作成します。それにより、例えば顧客が自動化してほしいと思っているポイントを特定したり、また、顧客が対人でのサポートを必要とするのはいつなのかといったカスタマーサポートにおける顧客体験の向上に役立ちます。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは毎日膨大な量のデータを生み出していますが、それらのデータは消費者の重要なインサイトを企業に提供してくれます。多くの企業は、検索やソーシャル広告、ソーシャルメディアマーケティングなど、ソーシャルメディアがもつ機能を最大限に活用したいと考えています。顧客に関する重要なヒントを得られるソーシャルメディアのモニタリングはとても重要です。Treasure Data CDPを活用することで、Facebook、Twitter、Instagram、SnapchatなどのSNSから顧客データを取り込み、顧客インサイトを得たり、顧客行動を予測することができます。そしてSNSデータを含むあらゆるデータが統合された顧客プロファイルを自動で生成することができるのです。Treasure Data CDPであればSNSデータを驚くほど簡単に利用できるようになります。以下のSNSプラットフォームから収集したデータを連携させることができます。

データベース

Treasure Data CDPは、SQL-Likeな記述ができる分散SQLエンジンを採用しています。私達の顧客で、世界でも著名なデータサイエンティストも、Treasure Data CDPで、イベントや顧客データをスムーズに分析できる点、データエンハンスメントやデータの統合に最適な機能を備えている点を高く評価しています。Treasure Data CDPであれば顧客データの変換、データエンハンスメント、柔軟なクエリの作成、データセットの構築、リアルタイムイベントの発生に応じた顧客のセグメント作成といった、世界最高のデータサイエンステクノロジーを手に入れることができます。例えば、マルチタッチアトリビューションモデルを使用して、施策において何が効果的で、何がそうでなかったのかを簡単に把握することもできます。

データマネジメントプラットフォーム(DMP)

データマネジメントプラットフォーム(DMP)やDSP、アドテクツールやマーケティングテクノロジーツールが生成するデータをCDPで統合することは、非常に大きなスケールで一人ひとりの顧客を理解するのに役立ちます。多くの企業がDMPとCDPの両方を活用して、複数のプラットフォームにまたがる広告データの統合を経済的かつ効率的に行い、宣伝・販促活動における高い投資対効果を実現します。マーケティング担当者の中には、DMPからCDPへのデータ移行を選択する人もいれば、DMPとCDPの両方を活用する人もいます。Treasure Data CDPは、Adobe、LiveRamp、Salesforce DMP、Oracle Bluekai、IntimateMerger、AudienceOneなどのDMPやDMP統合ソフトウェアと連携することで、データ抽出や統合を迅速に行うことができます。

ビジネスインテリジェンス(BI)

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールやソフトウェアは、Treasure Data CDPと連携することで、トレンドの特定、リスク評価、パターン認識などを素早く行い、正確な企業メトリクスの生成を支援します。Treasure Data CDPは、Google Sheets、Pentaho、Microsoft PowerBI、Birst、Chartio、AppInsightsをはじめとした多くのデータソースやビジネスインテリジェンス(BI)プログラムと連携しています。CDPであれば、BIにおける処理や自動化されたタスクから得られるすべての情報を簡単に扱うことができます。Treasure Data CDPは、以下のBIツールやソフトウェアと連携しています。

Platform as a Service (PaaS)

Treasure Data CDPは、Platform as a Service (PaaS)やInfrastructure as a Service (IaaS)の様々なプロバイダーと連携することで、PaaSクラウドデータの移行や統合を簡単に行うことができます。

マーケティングオートメーション(MA)

Treasure Data CDPは、多種多様なソフトウェアパッケージとデータ連携し、メールマーケティングの自動化を行うことで、マーケティング力を飛躍的に向上させます。Marketoとメールを統合したい、HubSpot用のデータコネクタが必要だ、セグメンテーション、ターゲティング、パーソナライゼーションのためにMailChimpのデータを使用したいなど、様々なケースでご利用いただけます。Treasure Data CDPは、以下のようなメール配信ツールおよびマーケティングオートメーションツール(MA)と連携しているため、既存ソフトウェアへの投資対効果をより高めることができます。

モバイル/デスクトップアプリケーション

モバイルアプリのデータを活用して、買い物中の顧客にマーケティングを行いましょう。アプリのデータは顧客データの中でも非常に価値の高いデータであり、顧客がモバイルアプリやデスクトップアプリをどこでどのように使っているかを把握するのに役立ちます。Treasure Data CDPを使うことで、モバイルデータを、ロイヤリティプログラム、店頭やオンラインでのショッピング、CRM、DSP、DMP、Web閲覧、ソーシャルメディアといった多くのソースと統合することができます。また、モバイルのデバイスデータをIoT情報と統合することもできます。もちろんデスクトップアプリと統合することで、予測や分析の精度をさらに高めることも可能です。

モバイルアナリティクス

モバイルアナリティクスツールとTreasure Data CDPとの連携によって、オフラインデータとオンラインデータを統合し、たとえ膨大な顧客数であったとしても、一人ひとりの顧客の全体像を把握することができます。モバイルログというビッグデータを活用すれば、「モバイルは、購買プロセス上どのような役割を果たしているか?」「モバイルでどのように顧客体験を最適化していくことができそうか?」といった、一人ひとりの顧客の購買行動における重要な問いに答えられるようになるでしょう。Google Analytics、InformaticaのInformation Cloud、Hivemallなど、Treasure Data CDPがサポートするモバイルアナリティクス開発パッケージのデータを連携することで、顧客理解に必要となるより深い顧客インサイトを得ることができます。Treasure Data CDPは、以下のようなモバイルアナリティクスツールやソフトウェアと連携しています。

ローデータ

Treasure Data CDPは、多種多様なソフトウェア、IaaS、PaaSプロバイダーと連携し、柔軟なクラウドデータ統合を実現します。Treasure Data CDPを使うことで、様々な形式の情報を保持できる「データレイク」を作成することができます。機械学習(ML)と人工知能(AI)を使って、データエンハンスメントとデータ統合を行い、正確なターゲティング、セグメンテーション、パーソナライゼーションを行うための確かな顧客データプロファイルを作成します。あらゆるソースデータを管理するために、Treasure Dataは以下のようなプロバイダーのソフトウェアと連携しています。

Private Beta

結果の1~10件目 (172件中) を表示中

Adjust
Adobe Analytics
Adobe Audience Manager
AdRoll
Airship
Amazon DSP
Amazon Kinesis
Amazon Redshift
Amazon S3
Amplitude
Android SDK
Apache Access Log
Apache Hivemall
App Annie
Appsflyer
Apptopia
Apsalar
Arduino
AudienceOne
Beeswax powered by LiveRamp
Birst
Bombora
Box
Branch.io
brandwatch
Braze
Bronto
C / C++ SDK with Fluent Bit
Chartio
Criteo
CSV/TSV/LTSV
Cuenote
Custom Formatted Log
Cvent
DataRobot
Domo
Dotdigital
DropBox
Dynalyst
Elastic Cloud
Eyeota
Facebook (Direct Onboarding – LiveRamp)
Facebook Ads Insights
Facebook Conversion API
Facebook Custom Audiences
Facebook Lead Ads
facebook Offline Conversions
Facebook Page Insights
Facebook powered by LiveRamp
Firebase Cloud Messaging
FTP
Gigya (SAP Customer Data Cloud)
Google Ad Manager via Audience Partner API
Google Ad Manager via Audience Partner API
Google Ad Manager via Data Transfer Report
Google Ad Manager via Data Transfer Report
Google Ads
Google AMP
Google Analytics
Google Audience Partner API Status via SFTP
Google Big Query
Google Cloud Storage
Google Display & Video 360
Google Display & Video 360 powered by LiveRamp
Google Drive
Google My Business
Google Search Analytics
Google Sheets
Google Tag Manager
HTTP Protocol
Hubspot
Instagram Custom Audiences
Instagram User and Media
Intercom
Intimate Merger
iOS SDK
Iterable
JasperReports
JasperSoft
Java SDK
Javascript SDK
Jira
JSON Formatted Log
KARTE
Klaviyo
Kochava
Line via Crescendo Lab
LinkedIn
LiveRamp
Looker
LOOPASS
Magento
Mailchimp
MailPublisher Smart Edition
Marketo
Mbed OS
Metabase
Microsoft Azure Blob Storage
Microsoft Azure Datalake
Microsoft Dynamics 365
Microsoft Excel
Microsoft Power BI
Microsoft SQL Server
Microsoft.NET Applications
Mixpanel
Mode Analytics
MongoDB
mparticle
MySQL
nend
Netsuite
Nginx Access Log
Node.js Applications
OneDrive
OneTrust
Oracle Bluekai
Oracle Eloqua
Oracle Responsys
Pentaho
Perl Applications
PHP Applications
PostgreSQL
Prophet
PySpark
Python API
Qlik
R
Rails Applications
Raspberry Pi
Redash
Repro
Riak cs
Ruby SDK
Sailthru
Salesforce
Salesforce Commerce Cloud
Salesforce DMP
Salesforce Legacy
Salesforce Marketing Cloud
Salesforce Marketing Cloud via SFTP
Salesforce Pardot
Sansan
Scala Applications
scikit-learn
Segment
Sendgrid
SFTP
Shopify
Sizmek
Slemma
Snapchat
Snapchat powered by LiveRamp
Snowflake
Sprinklr
Stripe
Supership
Tableau
TensorFlow
The Trade Desk
The TradeDesk Advertiser
Treasure Data CDP
TUNE
Twitter powered by LiveRamp
Twitter Tailored Audiences
Twitter Tweet Insights
Unity
Unreal Engine SDK
Verizon Media
VTEX
WEBCAS
Yahoo! DMP
YouTube
Zendesk
Zuora