プライバシー保護とパーソナライゼーションの両立

今や、顧客からの信頼を得ることなしに、企業が優れた顧客体験を提供することはできません顧客の信頼を得るためには、顧客へのメッセージをOne to Oneでパーソナライズするだけでなく、プライバシー保護もOne to Oneで考える必要があり、あらゆるコミュニケーションにおいて、属性情報と同意状況を考慮しなければなりません。トレジャーデータは、複雑なプライバシーや同意の管理を迅速かつ容易に実現する機能を提供しています。

Privacy Foundation Pillars Diagram
Privacy Foundation Pillars Diagram

Treasure Data Trusted Foundationの機能

プライバシーやセキュリティが複雑化する現状において、顧客と信頼関係を築くことは簡単ではありません。Treasure Data Trusted Foundationを使うことで、様々なチャネル、ブランド、チームにおける、顧客データの収集、セキュリティの確保、GDPRやCCPAなどの地域ごとの同意に基づいた施策の実行といった一気通貫での管理が可能となります。顧客データ管理の重要性は増していますが、実行すべきことはシンプルです。データガバナンス、セキュリティ管理、プライバシー管理など、顧客との信頼を築くための機能が、トレジャーデータのセキュアなインフラに備わっています

Treasure Data Trusted Foundationの主な機能
Unified Data Collection Transparency and Choice

データ利用に対する透明性と選択肢の提供

顧客との信頼関係を築くには、顧客データの利用に関して、透明性を確保し、顧客へ選択肢を提供することが重要です。Trusted Foundationは、顧客データを統合し、安全なデータ活用とプライバシー保護を両立します。プライバシーと同意管理の機能により、顧客はどのようなデータが収集されているか、またどのようにそのデータを利用するのかを管理することができます。GDPRやCCPAで義務付けられているデータディスカバリーや、開示請求といった顧客個人からの請求(データ主体リクエスト)への対応も容易になります。

Own Your Data

顧客データを適切に管理

チャネルやチームの垣根を超えて、顧客データを管理する重要性が増しています。3rd Party Cookieの廃止が迫り、チャネルや地域を問わずプライバシー要件が複雑化する中、長期にわたり高い顧客満足度を維持するために、企業はデータを賢く組み合わせて利用することが重要です。トレジャーデータは、様々なデータの収集、プライバシー規制の遵守、データ利用に関するレコメンデーションの提供、高度な施策の実行を可能にするカスタマーデータプラットフォームです。

Own Your Data
Securely Activate Across Channels

安全なマーケティング施策の実行

各プラットフォームの要件から、地理的な規制、さらには一人ひとり個々の顧客の同意まで、チャネルをまたいだ顧客データの利用には、様々な課題があります。企業はマーケティング施策の実行スピードを落とすことなく、適切なタイミングで適切な制限を適用するソリューションを必要としています。プライバシーを最優先したトレジャーデータのプラットフォームであれば、顧客データを安全に管理しながら、施策の実行スピードを保つことができるのです。Trusted Foundationにより、企業は安心して、メール、ソーシャルメディア、デジタルチャネルを通じたキャンペーンを実行できます。

Cross-Functional Collaboration Without Risk

リスクを避けた部門横断でのマーケティングを実現

Treasure Data CDPでは、データのタグ付け、保護、権限設定が簡単にできるため、配慮が必要なデータにマークを付け、最低限の人だけに閲覧を許可するといった設定が可能です。同時に、これらの情報を公開せずに、代理店を含む各チームに、データを利用する権限を付与することができます。

Cross-Functional Collaboration Without Risk

機能詳細と各種サービス

機能詳細と各種サービス

Treasure Data CDPの機能・基盤技術

Treasure Data CDPの特徴

データ連携

Treasure Data CDPの導入支援

トレジャーアカデミー

認定パートナー

オウンドメディアPLAZMA