Enterprise customer data platform provides

カスタマー360°ビュー

なぜ、カスタマーデータプラットフォームなのか

これからの顧客にとって、個人個人に最適化されたコンテンツや体験は、わざわざお金を払って得ることではなく、あって当たり前のことになっていくでしょう。
そのためマーケターは、顧客をどのように理解するか、オンライン / リアル双方での様々な顧客接点がある中で、タイミングや状況を踏まえてどうプロモーションし分けるかをあらためて考えていかなくてはなりません。
顧客は自分向けの特別なおもてなしを求めると同時に、それが自分のデータから実現されているということも理解したいのです。

資料ダウンロード

多くのマーケターは「どのように顧客と本質的な信頼関係を築くか」という課題に直面しています。

Amazon、Google、Facebook、Uberは、基本的なサービスから、情報、コミュニケーション、配送、そしてホスピタリティに至るまで、パーソナライズされた顧客体験を幅広く提供するために顧客データを活用しています。

そのようなパーソナライズされた顧客体験は、近い将来、誰にとっても”普通の”サービスになるでしょう。

Treasure Data CDPを活用することで、未来を見越して顧客との確かな信頼関係を築きませんか。

Treasure Data CDPが、デバイスや場所、時間を超えて、顧客行動の理解を可能にします。

なぜでしょう?それは、オムニチャネルが当たり前となった今日、顧客はデジタル・リアル問わずあらゆる場所に足跡を残しています。ここで、自動車の購入体験を考えてみましょう。

顧客はトヨタのWebサイトで動画を視聴し、モバイルECアプリや価格サイトを閲覧したとします。

モバイルでFacebook広告をクリックし、PCではプロモーションメールを読みます。

車の種類やサイズ、特徴をGoogleで検索します。

顧客が販売店を訪れるのは、販売状況の確認と試乗のためです。

幸いなことに、多くの企業は顧客に関する情報を、1st partyデータ、2nd partyデータ、および3rd party データの形式で保持しています。 Cookieやデバイスごとに付与されるID、ECサイトのお買い物カゴ、メーリングリスト、ロイヤリティプログラム、SNS、POSシステムから収集される、リアルタイムデータ、既知もしくはアノニマスの属性データ、行動履歴、購買履歴やデモグラフィックデータなどです。

Treasure Data CDPを活用することで、マーケターは顧客を理解し顧客エンゲージメントを高め、さらに施策のROIを計測するところまで、顧客の全容を360°ビューで把握することができます。

Enterprise Customer Data Platform Diagram

Enterprise Customer Data Platform Diagram

Treasure Data CDPにより、マーケティングチームは、IT部門のサポート無しで、施策に必要なすべてのデータにアクセスし、施策を実行することができます。

今日から始める

今日から眠っているデータを競争力に変えませんか?

資料ダウンロード