CDPについての理解を深めよう

CDPの基礎知識

カスタマーデータプラットフォーム(CDP)は、 自社が持つ顧客データを収集・統合するためのデータ基盤です。顧客データを収集、統合、分析し、様々なツールやシステムに連携することで、
顧客を深く理解し、顧客体験(CX)を向上させることができます。

この「CDPの基礎知識」では、CDPとは何なのか、どのように顧客データを収集し、統合するのか、
自社のニーズに合ったCDPをどのように選択すればよいのか、
そしてCDPを最大限に活用するにはどうすべきかといった疑問に対し、わかりやすく答えていきます。
一から知りたい方はコース全体を通して読み進めてみてください。
興味のあるトピックだけ読みたい方は、その箇所にスキップして読むことができます。

CDP基礎知識 もくじ
CDP とは

CDPとは?何のためのものか?なぜそれが必要なのか?といった疑問に答えます。

詳しく読む
顧客データ収集とデータ整形

CDPの構築は、企業が保有する顧客データから「統合された、信頼できる唯一のデータソース(シングルソースオブトゥルース:SSOT)」を作成することから始まります。顧客データの適切なソースを選ぶ方法、外部データを使用してデータの精度を向上させる方法、データを整形(データクレンジング)して検証する方法について学びましょう。

詳しく読む
顧客データの統合

データの収集と整形が完了したら、各データを統合します。統合された顧客データベースから顧客のジャーニーを分析する方法を学びましょう。

詳しく読む
顧客インサイトの分析と発見

統合された顧客データベースを活用する方法を学びます。より効率的に顧客を獲得し、エンゲージメントを高めるための方法である「機械学習」とは?

詳しく読む
施策の実行と顧客体験の向上

最後に、新規顧客の興味を喚起し、既存顧客のエンゲージメントを高めるために、発見したインサイトを活用していきます。CDP活用の成功事例から学んでいきましょう。

詳しく読む