CDPとは

CDPとは?

カスタマーデータプラットフォーム(CDP)は昨今、マーケティングやカスタマーサービスの分野で注目を集めています。
しかし、「CDP」とは何か、何ができるのか、どのようにして自社のニーズに合ったものを選択するのか、についてはまだ情報が少ないのではないでしょうか。

CDPを理解するために、まずは最も基本的な質問からスタートしましょう。

CDPの特徴とは?

アメリカのCDP協会(CDP Institute)によると、CDPは次の3つの特徴を持っています。

  • パッケージソフトであること
  • あらゆるデータを統合して、任意の期間活用できる顧客データベースであること
  • 他の分析システムやマーケティングツールからアクセス可能であること

パッケージソフトであること

CDPは、パッケージ化されたシステムです。オーダーメイドではなく、他のシステムを繋ぎ合わせたものでもありません。CDPの構築や保守には技術的なリソースが必要になりますが、一般的なデータウェアハウスを構築するような技術的なスキルは必要ありません。そのため、企業は導入にかかる時間・コスト・リスクを削減できます。

あらゆるデータを統合して、任意の期間活用できる顧客データベースであること

CDPは、複数のシステムからデータを収集し、個人をキーにして名寄せした顧客データベースを構築します。また、一度構築して終わりではなく、将来にわたって顧客情報を拡張していくことができます。

他の分析システムやマーケティングツールからアクセス可能であること

CDP自身は、Web接客ツールのようなアウトプットの手段を持ちません。データを活用するために、マーケティングツール、購買システム、メール配信システムなど、他の様々なシステムやソリューションに連携することができます。

簡単にまとめると、CDPは組織全体に散在するあらゆるデータを統合します。そして統合されたデータを分析することで、自社の顧客を理解し、顧客体験向上を実現するソリューションなのです。

CDP導入のための10のチェックポイント?

CDP導入のための10のチェックポイント

CDP導入検討ガイド

CDP導入検討ガイド

What-Can-a-CDP-Do

CDPができることとは?

CDPは、マーケティングの最適化、営業組織の強化・改善、顧客体験向上といった様々な場面で活用することができます。なぜなら、CDPは、ある特定の用途に特化したツールではなく、無限の可能性をもったアプリケーションだからです。

最も一般的な使い方は、カスタマージャーニーを可視化し、顧客を包括的に捉え、そこから分かったインサイトをもとに、高度なターゲティングや顧客一人一人に最適なメッセージングや体験を提供することです。これはマーケティングの最適化だけにとどまりません。

Treasure Data CDPを活用したお客様の事例をご紹介します。

  • ストライプは、社内に点在していた顧客データを統合し、在庫フォロー最適化で2,340万円分のコスト削減をしています。
  • ヤマハ発動機は、カスタマージャーニーの把握により広告効果も最終購買までトラッキングできるようになり、ある施策はROIが30%から100%も改善しました。

Treasure Data CDP事例集ダウンロード

CDPは他のツール・データソリューションと何が違うのか?

ビジネスが拡大すればするほど、データ処理だけでも複数種類のツールやソリューションが必要になります。CDPは、それらを置き換えるものではなく、補完的に組み合わせて使われるものです。

CRM(顧客管理システム):セールスやマーケティングのデータ

顧客関係管理システム(CRM)は、主にパイプライン管理のために有用な様々なデータを保存する目的で構築されています。自社の顧客を育成し、顧客とのコミュニケーションを一元的に把握することができます。CDPは、CRMデータを収集し、企業が保有する他のデータソースと組み合わせて顧客を包括的に可視化することができます。メール配信などCRMを介して実行するコミュニケーションを自動化するためのルールを、CDPで設定することができます。

DMP(データマネジメントプラットフォーム またはパブリックDMP):広告配信のための匿名化データ

データ管理プラットフォーム(DMP またはパブリックDMP)も同様に補完的な役割を持っています。DMPは、匿名化されたデータのみを扱うことができ、保存期間が限られており、ターゲットを絞った広告キャンペーンのためのセグメントを作成するために特別に使用されます。CDPは、個人を特定できるデータやID解決機能と組み合わせてDMPデータを使用することで、より幅広いマーケティング戦術に利用することができます。

DWH(データウェアハウス):ビジネスインテリジェンスのためのデータ

データウェアハウスソリューションは、一見するとCDPと同様の機能を持っているように見えます。両者の違いは、データウェアハウスは、ビジネスインテリジェンス(BI)のためにデータを処理するためにデータを統合しているのに対し、CDPは顧客データを統合して分析することを目的としている点です。

CDPは、これらのデータソリューションすべてに機能を追加し利用することができます。

Is-My-Organization-Ready-for-a-CDP

CDPを最大限に活用するために必要な準備は?

CDPを導入し最高のパフォーマンスを得るためには、組織としてCDPを最大限に活用する準備をしておく必要があります。以下の3つの点で、適切なプロセスを築くことが重要です。

  1. 事業戦略 : CDPには様々な機能があり、いざ始めようとすると何にどうやって使うべきか迷ってしまうことがあります。どのユースケースがビジネス目標と密接に関係するかを判断し、最もビジネスに影響を与えそうなもの 1つか 2 つを選んでください。
  2. データの準備 : 組織内には、1stパーティデータを取得する多くのシステムがあるでしょう。データの状況全体を把握し、CDPに接続したいソースを特定することが重要です。
  3. マインドセット : 組織として、データが散在する状況を打破し、部門を超えてコミュニケーションを取り、データを共有する準備ができていますか? CDPのツールだけではなくCDPが表すデータ文化にも賛同が得られることが重要です。

What-Should-I-Look-for-in-a-CDP

CDPを選ぶ時、何を見るべきか?

昨今、CDP、またはCDPのようなソリューションを提供しているベンダーは非常に多くなっています。CDPを選択する時は、「CDP」として提供すべき機能をすべて備えているかを確認することが重要です。以下を必ず評価するようにしてください。

  • ベンダーの成長性と持続可能性
  • ベンダーのマーケティング・広告技術の専門知識
  • データ管理、IDデータ検証/照合、機械学習ベースの分析、レポーティング、セグメンテーション、認証処理、セキュリティのためのソリューションの機能と上限

Continue Education

CDPをもっと知る

CDPの基礎はこちらで終了です!CDPガイド ステップ 2 に進みましょう。
ステップ2では、CDPで様々なデータを連携し、統合する方法を学んでいきます。

疑問や不明な箇所があれば、お気軽にお問い合わせください。

図とイラストでわかる!CDP入門セミナー

セミナーの詳細を見る

CDPとDMPの主な違いと特徴

資料を読む

CDPとMAの主な違いと特徴

資料を読む

CDPとは