オンラインとオフラインのデータを

コストパフォーマンスよく統合できるCDP

株式会社良品計画

CDPが実現するフリクションレスな顧客体験

良品計画は、オンライン・実店舗の双方で、無印良品ファンとのコミュニケーションをとる手段になること、お客様の持続的な来店を促すこと、マーケティング効果を可視化することを目的にして、CRM アプリケーション「MUJI Passport」を導入。そして、その実現のためにTreasure Data CDPを活用して、アプリの閲覧ログを収集し、大規模なデータ処理を実現している。クラウドを用いることで柔軟性の高い分析環境を実現し、日々のマーケティング施策を行う。

「無印良品」が考えるデータの活用術とは?

データは、現代の小売業者にとって非常に強力なツールのひとつである。データには多くの貴重な情報が含まれているからだ。例えば、急速に普及しているモバイルアプリ、ウェブサイトへのアクセス、店舗やECで実施されるポイントプログラム、顧客の購入状況などが、データを生成し続けている。そして、そのデータの分析が、マーケティングオートメーションやトレンド分析、最終的には、来店を促進し売上の増大につながっている。

しかし、小売業者の多くはデータに関して、「ある課題」を抱えている。大量のデータ全てから、短時間で、有益な価値を引き出すにはどうすればよいのかという問題だ。現在、ウェブにくわえて、モバイルなど、新たに対応すべきデータソースが出現し、データの量は増え続けている。だが、「無印良品」のブランド名で国際的に小売業を展開する、株式会社良品計画は、業界でもいち早く、データの有益な活用に成功している。

本事例の詳細をPDFにて配信しています。

下記フォームよりお申し込みください。ご登録のメールアドレス宛に資料をお送りします。

関連事例